×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リアルタイム為替レー

リアルタイム為替レートの使い方

リアルタイムで為替レートを確認しようとしても、チャート(罫線表ともいいますが、チャートの方が一般的でしょう)表の種類(コレクターは全て揃えたくなってしまうものです)が豊富でどれにしようか困ってしまいます。為替レートの活用の仕方とは、どんなものでしょうか。その時々で、メインに利用するローソク足チャート(様々な作成手法があり、相場の値動きを分析、予想するのに役立つと考えられています)を5分足にしたり、一時間足にしてみたりという人がいると思いますが、効率的な分析手法とはたいへん言えないでしょう。どういったチャート(様々な作成手法があり、相場の値動きを分析、予想するのに役立つと考えられています)表を使っているかで、判断は微妙に変わってます。その場その場で異なるチャートを使っていると、結果的に取引行動に変動要素が増えてしまいます。リアルタイム為替レートを見る時には、いくつかの時間足の物をピックアップ( ピックアップ障害という言葉も最近では使われているようです)して下さい。チャート(テクニカル分析をする際には欠かせません)表を確認しながらトレードを行ってみて、自分にしっくりくる時間足はいずれかを見つけます。色んな種類のチャート(様々な作成手法があり、相場の値動きを分析、予想するのに役立つと考えられています)表を見ていると、取引の経験(これがないと雇ってもらえないこともよくあります)から為替レートの動きを読みとる事が難しくなってしまうのです。どの為替レートを使って、どのチャート(テクニカル分析をする際には欠かせません)で取引をするか決めておかなければ、場当たり的な取引になってしまいます。リアルタイムの、実際の為替レートを用いたデモトレードができるサイトが増えていますから、始めにそこから試してみて下さい。デモトレードを行ったら、為替レートをどうみるといいかイメージがつかめます。デイトレード(一日に何度も売り買いする取引手法です)を行う場合のリアルタイム為替レートは、分足か時間足などで十分です。長期のトレードになれば、日足、週足の為替レートがいいかもしれませんよ。為替レートを把握する為に使ってみるリアルタイムチャート(株式、商品取引、為替等の相場の価格などを表わす図表をいいます)をどれにするかは、どういった取引を行いたいと思っているのかにもよるなんですね。